top of page

香港の会計基準

 香港の会計基準はHKFRS (Hong Kong Financial Reporting Standards) が適用されます。また、要件を満たした中小企業が適用できるHKFRS for PE (Private Entities) とSME-FRS (Small and Medium-sized Entity Financial Reporting Standard) があります。


香港の会計基準はHKFRSを使用します。また、要件を満たす中小企業はHKFRSより簡略化された会計基準を適用することが可能となっています。



1. HKFRS

HKFRS (Hong Kong Financial Reporting Standards) はHK|CPA (香港公認会計士協会) が公表しています。HKFRSはIFRS (国際財務報告基準)とほぼ同じ内容となっており、日本基準とHKFRSの主な差異は日本基準とIFRSの差異の部分になります。


HKFRSは以下の香港公認会計士協会のサイトで確認できます。


2. HKFRS for PE

HKFRS for Private Entitiesは IFRS for SMEsの香港バージョンです。IFRS for SMEs (中小企業向け国際財務報告基準)はIASB (国際会計基準審議会) が中小企業 (SME)のために作成したものです。HKFRS for PEを適用できるのは以下のような中小企業になります。

(a) 公的説明責任を有さず、かつ

(b) 外部利用者に一般目的財務諸表を公表している。外部利用者の例には、事業経営に関与していない事業主、現在及び潜在的な債権者、並びに格付機関が含まれる。


以下の香港公認会計士協会のサイトで確認できます。



3. SME-FRS

SME-FRS (Small and Medium-sized Entity Financial Reporting Standard、中小企業財務報告基準) はHKFRSを中小企業用に簡略化した基準で、香港独自のものです。


キャッシュフロー計算書、持分変動計算書は決算書に含まれません。


SME-FRSを適用可能な法人のパターンはいくつかあります。

例えば、プライベートカンパニーは以下の要件の二つを満たせば適用できます。

売上高:100,000,000香港ドル以下

総資産額:100,000,000香港ドル以下

平均従業員数:100人以下


以下の香港公認会計士協会のサイトで確認できます。


HKFRS for PEやSME-FRは、HKFRSより簡易になっており、例えば2019年1月1日以降開始の会計年度から適用されたリース基準 (HKFRS16) は適用されません。

閲覧数:1,459回

Comments


bottom of page