top of page

台湾と香港に租税条約はある?配当等の源泉税率は?

 台湾の会社から香港の会社に配当を支払う時の源泉税率は何%でしょうか。台湾と香港は租税条約を締結しているのでしょうか。


台湾と香港は租税条約を締結していません。また、香港税法と台湾税法で定められている源泉税率は以下の表の通りです。

香港ではロイヤルティの支払時にだけ源泉税が発生します。一方、台湾では配当、ロイヤルティ、利子に源泉税がかかります。


(注1)ロイヤルティの源泉となる無形資産の全部または一部が過去に香港内で所有されていた場合は

源泉税率16.5%になります。

(注2)公社債等の利子の源泉税率は15%です。



1. 台湾法人が香港法人に支払う場合


台湾と香港は租税条約を締結していませんので、台湾の税法が適用されます。台湾法人が香港法人へ配当、ロイヤルティ、利子を支払う場合の源泉税率は表にある利率になります。




2. 香港法人が台湾法人に支払う場合


香港法人から台湾法人へ配当、ロイヤルティ、利子を支払う場合の源泉税率は表の通りになります。




閲覧数:336回
bottom of page